MUSIC

蒼井翔太
蒼井翔太さん コメント
楽曲「Eclipse」は、日本語でいえば「蝕」。
生きること、好きになること、傷つけてしまうこと、守りたいと思うことなど生きている者すべてに生まれてくる感情、心を蝕んでいくような葛藤をイメージしています。そして、少しのエッセンスとして色気のある歌詞も含まれています。
『デビルズライン』の中にもある激しい戦闘や、ストーリーでの興奮も、この楽曲と共に感じていただけたらと思います。
エモーショナルもテーマとして取り入れてみましたので、今までの蒼井翔太とは違う「エモさ」も是非楽しんでいただけると嬉しいです。
<初回限定盤> <通常盤>
オープニングテーマ:蒼井翔太「Eclipse」

「Eclipse」
発売日:5月9日(水)
作詞・作曲:上松範康(Elements Garden)
編曲:藤間仁(Elements Garden)

<初回限定盤>
品番:KICM-91843
¥1,800+税

<通常盤>
品番:KICM-1843
¥1,300+税

詳細はコチラ詳細はコチラ

宮野真守
宮野真守さん コメント
今回の楽曲は、鬼とヒトとが互いの生、罪、傷を慈しみ、受け入れ、ためらいながらも愛することを決意してゆく姿をイメージして制作しました。
繊細な言葉と美しい旋律、そして扇情的なグルーヴ感は感覚を刺激し、肌の質感や体温まで感じてもらえるような歌になっていると思います。
レコーディングでは歌の世界観そのままに、切なく苦しくも、想いを込めて歌うことができました!
是非、アニメ共々、この「そっと溶けてゆくように」も、応援していただけたら幸いです。
エンディングテーマ:宮野真守「そっと溶けてゆくように」

2018年4月8日よりデジタルダウンロード、サブスクリプション、ハイレゾ配信スタート!

詳細はコチラ詳細はコチラ

澁江夏奈さん コメント
鬼の存在は人間からすると「日常に潜む違和感」なのかもしれない。
音楽でそれを表現したく、それぞれ曲の中に様々な「違和感」を潜ませています。
生ピアノにギターに使うエフェクトをかけたり、リズムトラックの主軸が打ち込みから徐々に生のドラムに変わっていったり。
そんな混沌としたサスペンス曲が劇伴の多くを占めていますが、メインテーマは主人公二人を表現したメロディアスで切ない曲です。
ヒトなのに、鬼なのにお互いを想う関係は「違和感」となってしまうのでしょうか…
プロフィール

独特の世界観をもった奥の深い音楽性を特徴とし、優れたメロディセンスと和声感覚に裏打ちされたサウンドには定評がある。
主な作品として、アニメ『昭和元禄 落語心中』、NHKドラマ10『マチ工場のオンナ』『わたしをみつけて』など。